女性ホルモンを増やしバランスを整えるメリット

女性ホルモンは脳からの指令によって卵巣から分泌されます。
脳の視床下部で性腺刺激ホルモン放出ホルモンが分泌され、下垂体が刺激されます。この刺激で下垂体から性腺刺激ホルモンが分泌されて、卵巣が反応すると女性ホルモンが分泌されます。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。

エストロゲンには記憶力を高める・骨を強くする・肌を美しく保つ・代謝を促すなどの働きがあります。生理が終わることになると調子がよくなりませんか。これはエストロゲンの働きによるものです。

プロゲステロンには血糖値を正常にする・体内の水分量の調整・子宮内膜や子宮筋の調整・眠くなるなどの働きがあります。生理前になるとイライラしたり食べ過ぎてしまうのは、プロゲステロンの影響です。

このように女性の心と体は女性ホルモンの影響を受けています。


・なぜ女性ホルモンの低下は体に悪いのか


40代ころになると女性ホルモンが低下します。40代ころからほてり・不眠・イライラ・冷えなどの不調を感じるのは、女性ホルモンの低下の可能性があります。
20代や30代でも、ストレスや不規則な生活などが原因で、女性ホルモンが低下している方が珍しくありません。

女性ホルモンはサプリメント・食事・規則正しい生活などで増やすことができます。

女性ホルモンは自律神経の影響を受けていて、女性ホルモンが増えると自律神経の働きがよくなります。自律神経は内臓や血管など意識しないで働く機能にかかわりがあり、働きがよくなることで健康な状態に近づきます。

女性ホルモンはコラーゲンの合成にかかわっていて、ホルモンが増えることでハリのある肌や髪になることが期待できます。血液をサラサラにする働きもあって、血液サラサラで全身に酸素や栄養が行き届くようになると、肌の新陳代謝が高まり、美肌効果があります。


・女性ホルモンの増やし方


女性ホルモンの分泌には栄養が必要です。栄養を摂って女性ホルモンを整えていきましょう。

大豆イソフラボンは女性ホルモンが不足するときは働きを補い、過剰なときは働きを抑制してくれる成分です。みそ・きなこ・豆乳・納豆など大豆に含まれています。
1日の摂取上限は75mgで、納豆だけなら2パック、200mlの豆乳だけなら2本程度になります。

ビタミンB6はエストロゲンに働きかけます。マグロ、カツオなどに多く含まれています。

ビタミンEは女性ホルモンの分泌をコントロールします。アボカド・オリーブオイル・ナッツなどに多く含まれています。脂溶性ビタミンで油と一緒に摂取すると吸収がよくなります。抗酸化作用で美肌にもなります。

ダイエットのために肉や魚を控えるとホルモンの材料になるタンパク質が不足します。脂肪分が少ない魚やタンパク質と大豆イソフラボンを含む大豆製品などからタンパク質を摂取しましょう。

「エストロゲン」と「プロゲステロン」をご存知ですか?

女性ホルモンって実は「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があるのです。初めて知ったという方の為に、それぞれの働きについて詳しくご紹介しています。


エストロゲンとプロゲステロンの役割


卵巣から分泌される女性ホルモンは、実は1種類だけではありません。

卵巣の顆粒膜細胞から分泌される卵胞ホルモン「エストロゲン」と、卵子が排出されたあとの卵胞内に形成される「黄体」から分泌される黄体ホルモン「プロゲステロン」の2種類があるのです。

実際にはもっと多くの種類の女性ホルモンが分泌されているのですが、エストロゲンやプロゲステロンと役割が重なっているため、大まかに分けるとこの2種類になると考えていいでしょう。

この2種類の女性ホルモンなのですが、それぞれ役割も違っていますし、分泌される時期も異なっています。

エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンがどういう働きをしているのか、どういう時期に分泌されているのかについて、説明していきましょう。


卵胞ホルモンの「エストロゲン」とは?


まずエストロゲンですが、このホルモンは女性らしい体をつくる働きがあります。8歳から9歳ごろから分泌され始め、成長するごとに分泌量が増えていきます。

エストロゲンの増加に伴って、乳房の成長、子宮や膣の発育が促され、それに伴って生理も始まります。

まさに「女性になるためのホルモン」といっていいでしょう。

エストロゲンが活発に分泌されるのは30代半ばまでで、それを越えると卵巣の機能が衰えていき、分泌量は徐々に減っていきます。

エストロゲンは30代半ばまで活発に分泌され、その後は卵巣の機能低下に伴って分泌量が減っていきます。

エストロゲンの分泌量がある程度以上減少してしまうと、ホルモンバランスが崩れて心身が不安定になってしまいます。これが更年期障害の一因なのです。


・妊娠の維持に必要な黄体ホルモン「プロゲステロン」


では、プロゲステロンにはどういう働きがあるかといえば、妊娠しやすい体をつくり、妊娠を維持しやすくしてくれるのです。

プロゲステロンが活発に分泌されれば基礎体温が上がり、子宮内を受精卵が着床しやすいような状態にしてくれます。

妊娠したあとにはお腹の中の赤ちゃんのために食欲を向上させたり、赤ちゃんに酸素や栄養を与えるための胎盤を安定させて流産を防止したりします。また、乳腺を発達させて、赤ちゃんを産んだ後に母乳が出るような体にもしれくれるのです。

プロゲステロンは「母親になるためのホルモン」なのです。

このプロゲステロンの分泌される時期ですが、排卵後に卵巣内で黄体が形成されて以降になります。

妊娠後は黄体だけではなく、お胎盤からもプロゲステロンが分泌されるようになるため、分泌量が増えてより妊娠維持に適した体になっていくのです。